音楽をどう聴こうか

音楽をどう聴こうか

音楽をどう聴こうか

先日友達と話していて、不意に「一番最近買ったCDは何?」って話になりました。
普段全く気にしなかったのですが、改めて考えてみると、直近でCDを購入したのは何年も前で
ここしばらくCDを購入していなかったことに気づきました。

 

だからといって音楽を聴かないわけではなく、音楽を聴いても
パソコンやスマホで聴く機会が殆どで、CDの現物を購入する機会は全く無く
自宅にあるラジカセだって、何年もホコリを被ったままの状態です。

 

先だって、CDの売り上げが年々下がっているというニュースを見ましたが
自分自身に置き換えてみても、全くその通りの状況でした。

 

思い起こせば、90年代とかはドラマの主題歌になったとかCMソングになったとなれば
発売したCDが売れてヒット曲になる…という時代でした。
私自身もその当時に青春を謳歌していた世代ですのでよく覚えていますが
学校でも、競うようにCDを購入していたのを覚えています。

 

それから数十年。レコードがカセットになり、それがCDになったように
今ではCDから音楽配信へと主役が変わってしまいました。
CD時代にはあった「音飛び」なんて言葉も死語になってしまうんでしょうね。

 

さらに配信だけでなく、動画サイトに行けばオフィシャルのMVが公開されていて
それを再生すれば、音だけでなく、アーティストの姿とともに曲が聴けるわけですから便利な世の中になったものです。
この便利さを知ってしまえば、もう後戻りは出来ないのが人間の性ですから
音楽関係はCDの売り上げで利益をだすという従来のビジネスモデルの大転換をしないと
この先、厳しいのではないかなと思ってしまいました。


ホーム RSS購読 サイトマップ